『WWE 2K18』のエグゼクティブ・サウンドトラック・プロデューサーはドゥエイン・“ザ・ロック”・ジョンソン

Aug 18, 2017

『WWE 2K18』のエグゼクティブ・サウンドトラック・プロデューサーはドゥエイン・“ザ・ロック”・ジョンソン

2Kは「WWE 2K」シリーズのサウウンドトラックについて、これまで常にミュージック界やエンターテイメント界の頂点に位置するアーティストとタッグを組んできました。『WWE 2K17』では、パフ・ダディーことショーン・コムズと提携。『WWE 2K15』では、ウィズ・カリファとWWEスーパースター、ジョン・シナという異色のコラボレーションを実現しました。そして今回、『WWE 2K18』のエグゼクティブ・サウンドトラック・プロデューサーとして私たちが紹介するのは、なんとあのドゥエイン・“ザ・ロック”・ジョンソンです。

伝説的なWWEスーパースターにして地球規模のアイコンであるザ・ロック。その彼が厳選した『WWE 2K18』のサウンドトラックは11の楽曲で構成され、ヒップホップ、クラシックロック、ハードロック、ブルース、R&B、ソウルミュージックなど、彼が愛するアーティストやミュージックジャンルが数多く登場します。

さらに、『WWE 2K18』インゲーム・サウンドトラックのプレミア・ストリーミング・プロバイダとして、Apple Musicと提携! 『WWE 2K18』サウンドトラックは、apple.co/wwe2kで絶賛配信中です(アクセスにはモバイル端末をご使用ください)。


「音楽は俺にとって心の“錨”なんだ。ジャンルは関係ない。2K、それにApple Musicと提携して自分のWWEでのルーツを祝い、俺が愛するハードコアなトレーニングソングを世界中のファンに聞いてもらえるなんて、本当にわくわくするよ。」(ザ・ロック)

『WWE 2K18』公式サウンドトラックの収録曲は以下のとおりです:

  • ブルース・ブラザーズ – “Soul Man”;
  • ボストン – “Smokin’”;
  • ブルーノ・マーズ – “Runaway Baby”;
  • ディスターブド – “Down With The Sickness”;
  • イージー・イー – “Boyz-N-The-Hood”;
  • ジョージ・ソログッド&ザ・デストロイヤーズ – “One Bourbon, One Scotch, One Beer”;
  • ジョー・ウォルシュ – “Rocky Mountain Way”;
  • カニエ・ウェスト – “Black Skinhead”;
  • キッド・ロック – “You Never Met a White Boy Quite Like Me”;
  • ¡MAYDAY!(フィーチャリング:Tech N9ne) – “Last One Standing”;
  • Tech N9ne(フィーチャリング:クリッズ・カリコー、サージ・タンキアン) – “Straight Out The Gate”.


『WWE 2K18』は2017年10月19日発売予定です。

さあ、『WWE 2K18』を今すぐ予約しましょう!

@WWEgamesをフォローして『WWE 2K18』の最新ニュースをゲット:

Apple Musicのフォローはこちら: